カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声を見る サイトマップ
RSS
  

フィリピン武術 カリ入門 通販限定2巻セット

待望の日本初カリ入門DVD!

フィリピン武術 カリ入門 通販限定2巻セット

価格:

9,250円 (税込)

[ポイント還元 277ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

DVD『フィリピン武術 カリ入門 第1巻 シングル・スティック、ナイフ・ディフェンス編』

指導・監修:野澤英二郎
収録時間:83分

アメリカ海兵隊やFBIで研究・採用される近接格闘・対武器に優れたフィリピン武術カリ。
当DVDではこの武術を二巻に渡り丁寧に解説。
第一巻では最も基本となる技術シングル・スティックと優れた武器奪取法として評価の高いナイフ・ディフェンスを指導・解説する。


収録内容

■シングル・スティック編
●基礎知識
スティックについて
握り方の基本
間合いの取り方〈ロング ミドル ショート クロス〉
●フットワーク
オープン・トライアングル〈前 後〉
クローズド・トライアングル〈前 後〉
フル・ダイヤモンド ダイヤモンド・ブレーク サイド・ステップ
●ストライク
構えについて
振り抜き/Labtik
打ち込み/Broken
リスト・スナップ/Witik
回転打ち/Redondo
ファン/Abaniko
プニョ&トラスト/Punyo&Thrust
●スイッチング(持ち替え)
振り抜き/肩/オーバーヘッド
腕抜き(上下/下上)
チャンバー&スイッチ/Labtik
●基本技術
ディフェンス1.シックスカウント
ディフェンス2.ルーフ&シールド
ディスアーム1.スネーク(インサイド アウトサイド)
ディスアーム2.クロス・スティック(右の攻撃に対して 左の攻撃に対して)
●ベーシック・ドリル
基本動作
ドリル1:右手の一番
ドリル2:右手の二番
ドリル3:左手の一番
●バリエーション
右手から左手へのスイッチング
ベーシック・テイクダウン
ベーシック・グラッピング

■ナイフ・ディフェンス編
●基礎知識
トレーニングナイフについて
握り方の基本
●タッピング
タッピングの基本(アイスピック・グリップの捌き)
タッピング・ドリル
ダブルタップ カウンター三種
●ディスアーム
フォアのスラッシュに対して
リバースのスラッシュに対して
トラストに対して



DVD『フィリピン武術 カリ入門 第2巻 ダブル・スティック、マノマノ(エンプティ・ハンド)編』

指導・監修:野澤英二郎
収録時間:68分

アメリカ海兵隊やFBIで研究・採用される近接格闘・対武器に優れたフィリピン武術カリ。
当DVDではこの武術を二巻に渡り丁寧に解説。
第二巻では多彩に変化するダブル・スティックと徒手による格闘技術・マノマノを指導・解説する。



収録内容

■ダブル・スティック編
●基本の構え方 (オープン/クローズド・ポジション)
●フットワーク (オープン・トライアングル〈前 後〉 サイド・ステップ)
●ドリル.1 (オープン・ポジション)
ダウンワード ダブルX ハイ・ロー・ハイ&ロー・ハイ・ロー 16カウント
●ドリル.2 (クローズド・ポジション)
シナワリ (ハイ・ハイ ハイ・ロー) リバース・シナワリ
●ドリル.3 (フーバット)
フーバット:アウトサイド フーバット:インサイド
●ドリル.1.2.3の通し

■マノマノ(エンプティ・ハンド)編
●フットワークの基本
●フットワーク・ドリル
ブロック.1:ハイ・ハイ ブロック.2:ハイ・ロー
ブロック.3:ロー・ハイ ブロック.4:ロー・ロー フーバット
●実践技術
パナントゥカン:フィリピンボクシング
(グンティン〈アウトサイド インサイド〉 プニョマノ・エントリー 肘打ち)
ドゥモグ:フィリピンレスリング (基本スタンス アイチェック 肘折り)
シカラン (ローキック基本動作)
●組手技術
ドリル.1:右ストレート ドリル.2:左クロス
ドリル.3:右フック ドリル.4:左フック
ドリル.5:右オーバーフック



指導/監修◎野澤英二郎 (FCS Kali JAPAN代表)

ボクシング、柔道、クラヴマガ(イスラエル)などをトレーニングする。オーストリアの格闘術指導団体SAMIにて護身術の技術を習得中にカリに出合い、本格的に練習に打ち込む。帰国後すぐFCS-Kaliのインストラクターより招待を受け渡米。FCSでのトレーニングを受けながら、親睦のある団体と交流を深め現在3つのKali団体に所属。
※FCS(Filipino Combat Systems)
世界で最も有名なカリの使い手として数えられる Tuhon Ray Dionaldo を創設者とするフィリピン武術の指導普及組織。またその技術体系