カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声を見る サイトマップ
RSS
  

「10の言葉」がカラダを拓く! 太極拳に学ぶ身体操作の知恵

古来から練り上げられ蓄積された身体操作のエッセンス「10の言葉(太極拳十訣)」が示す姿勢や意識のあり方で、あらゆる身体行動を“質的転換”へ導く革新的な一冊!

「10の言葉」がカラダを拓く! 太極拳に学ぶ身体操作の知恵

価格:

1,620円 (税込)

[ポイント還元 48ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

著者:笠尾楊柳
頁数:219頁
判型:四六判


太極運動(タイチ・ムーブメント)は

すべてに通ず!



武術・スポーツ・芸事・日常生活に活かせる! 古来から練り上げられ蓄積された身体操作のエッセンス「10の言葉(太極拳十訣)」が示す姿勢や意識のあり方で、あらゆる身体行動を“質的転換”へ導く革新的な一冊です。太極拳の根本教典『太極拳経』の直訳文・通釈文も収録。


CONTENTS

第1訣 虚霊頂勁(きょれいちょうけい)
 からだの芯をだす! −自然体はすべての基本

第2訣 含胸抜背(がんきょうばっぱい)
 胸を柔らげ、気は背中に通す −基本は、やっぱり腹だ!

第3訣 鬆腰(しょうよう)
 腰を柔らかくする −さらば、腰痛!

第4訣 分虚実(ぶんきょじつ)
 歩く姿はしなやかに −ナンバ歩きと正常歩行の秘密

第5訣 沈肩墜肘(ちんけんついちゅう)
 肩は柔らかく開き下方に垂らす −手は波動の動き

第6訣 用意不用力(よういふようりき)
 意を用いて力を用いず −良質の力を求めよ!

第7訣 上下相随(じょうげそうずい)
 なめらかに動く −全身協調の体動を身につけよ!

第8訣 内外相合(ないがいそうごう)
 神気で心身統一する −内なる自分の力に目覚めよ!

第9訣 相連不断(そうれんふだん)
 水に学ぶ −動きは長江大河のごとく!

第10訣 動中求静(どうちゅうきゅうせい)
 動中の静こそ真の静 −静よく動を制す!

◎太極拳術十要(原文)
◎『太極拳経』
◎太極拳経(直訳文)


著者:笠尾楊柳(Yoryu Kasao)

1939年東京都生まれ。本名、恭二。早稲田大学空手部で松濤館流を学ぶ。のち、楊名時老師、王樹金老師に師事し、中国武術(太極拳、形意拳、八卦掌)を修行。日本における中国武術研究の草分けとして知られる。実技の探求に留まらず内外の武術文献研究にも尽力。『精説太極拳技法〈日本図書館協会選定図書〉』(東京書店)、『少林寺入門』『太極拳入門』(日東書院)、『中国武術史大観〈日本図書館協会選定図書〉』『中国拳法伝』『太極拳総合教程』(福昌堂)、『君はもう〈拳真述真〉を読んだか』(BABジャパン)など編訳著多数。


ページトップへ