カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声を見る サイトマップ
RSS
  

三軸修正法の原理 上巻

11年前に発刊され、絶版となって久しく、ファンの間で幻の書として復刊を待望されてきた、池上氏の処女作「カラダ・ボンボヤージ 三軸修正法の原理」の新装版。

三軸修正法の原理 上巻

価格:

2,052円 (税込)

[ポイント還元 61ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

著者:池上六朗
頁数:332頁
判型:四六判


海を航る。カラダという、ふかい海を。



「三軸自在の会」主宰・池上六朗氏の名著、ついに復刊。航海士として物理学・数学・天文学を実践してきた著者が、その見識をカラダに向けたレクチャー集。さまざまな科学法則を参照し、カラダにとっての真の「自然」を次々と導き出していきます。単なるカラダの「治し方」の説明にとどまらない、カラダそのものの見方を変えるこの航海。自然との調和、ココロとカラダの調和が、「三軸自在」によって果たされる!


CONTENTS

科学的な「野性の人」──内田樹(神戸女学院大学教授)

●オープニングレクチャー● カラダ・ボンヴォヤージ

●レクチャー1● コンセプト
 自然や社会の歪みが表に現れた
 コンセプトの意味するところ
 カラダをプロセスとして捉える
 コトとモノがシンクロナイズ
 考え方、感じ方を共有
 自分の思考回路を大胆に変えてみる
 コンセプトを上手に受け入れるには

●レクチャー2● ポジション
 自分のポジションを知る
 曖昧さをもったハタラキ
 コト・モノの本性
 自然に自分をコーディネイト
 野原で迷った時に、そこの位置を知るには
 洋上での位置確認

●レクチャー3● 三軸自在
 三軸の自由を許された物体
 見る・視る・観る
 三軸修正法がめざすコト

●レクチャー4● 引き合う力
 自然は平衡状態を求める
 モノとモノとが互いに引き合う力
 地球の裏側に行って立ってみたい
 夜空の星ぼしにも引き合う力が
 カラダは天空の星ぼしのように
 潮汐現象はなぜ起きる?
 起潮力とは何か

●レクチャー5● エントロピー
 伊勢湾の船上で台風に遭う
 地球の水循環
 エントロピー増大の法則

●レクチャー6● 粒 子
 カラダ観を見直す
 カラダは粒子のカタマリ
 水中のモノに働く浮力
 重力と浮力の均衡

●レクチャー7● 重 力
 ハカルというコト
 質量と重量、重力
 カラダの重心
 慣性力
 ニュートン・ポテンシャル場

●レクチャー8● カラダの構造
 「カラダ」という「モノ」
 心理を求めてきた科学的態度
 気圧の変化を感じるのはなぜ?
 カラダの吊り下げ構造
 地球の自然現象がカラダの中にも
 カラダのまわりに働くニュートン・ポテンシャル場

●レクチャー9● コリオリ力
 地球の公転による季節変化
 公転と時間
 地球の自転から生ずるコリオリ力
 カラダに作用するコリオリ力

●レクチャー10● 方位と曲げやすさ
 地表の二種類の回転運動
 北を向くと前屈しやすくなる
 なぜ、方位によって曲げやすさが変わるのか
 ニュートン力学が成り立つための大前提
 運動法則の意味するコト
 地軸の傾きと季節変化




著者◎池上六朗

1936年松本市生まれ。富山商船高等学校専攻科(航海科)、中部柔整専門学院、姿勢保健均整専門学校卒業。現在「三軸自在の会」を主宰。著書に『三軸修正法』『三軸修正法の原理』(BABジャパン刊)などがある。


ページトップへ