カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声を見る サイトマップ
RSS
  

書籍 脳の力が身を護る!

【脳の力が身を護る!】〜思考力で窮地を脱する護身道メソッド〜

書籍 脳の力が身を護る!

価格:

1,512円 (税込)

[ポイント還元 45ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

著者:時藤稔明
判型:四六判
頁数:208頁



“相手につかまれてる”

→“相手は手がふさがってる”


ちょっと発想を転換するだけで、あなたの活路は開けます!
脳が働かない人間は生き残れない!
スピードやパワーで乗り切れないピンチも、状況把握と正確な判断があれば打開できます。
護身道はスポーツではありません。脳力開発です。


CONTENTS

●序章 “脳”が急場でモノを言う!
1 “いざという時”ってどんな時?
2 視野を広くしてくれるもの

●第1章 “脳”を働かせるってどういうコト?
1 本能がアダになる
2 脳のしくみ
3 頭が“真っ白”になった時
4 脳の使い方

●第2章 弱い者が勝てる力学 ─ 姿勢と動作 ─
1 肘と膝の三角形の頂点 ― 届かなそうなところが一番使えるという意外性
2 鍵手 ―一見弱そうな手の形が一番強いという意外性
3 体重活用 ― 重さが力になるという意外性
4 テコの原理 ― 大事なトコは動かさない、という意外性

●第3章 護身の戦略 │ 急場を救う行動方針 ─
1 “戦術”と“戦略”
2 協調的に対処する ― ぶつからない
3 多角的に見る ― 全面観察の法則
4 中心をとらえる ― 重点思考の法則
5 主体的に動く

●第4章 シチュエーション別 護身技法
1 どんな場面にも共通する護身のための心得
2 打撃に来られるケース
3 手をつかまれるケース
4 体幹を制御されるケース
5 首を絞められるケース

●第5章 肉体の問題は“脳”が解決する!
1 脳は自由、行動選択も自由
2 心に強く決めることが身を護ってくれる
3 脳の“かせ”を外すための訓練



時藤稔明(ときふじ としあき)

1953年、山口県生まれ。
日本護身道協会 会長
天真書法塾 弐段師範
1996年から日本護身道協会の岡嶋邦士先生より、指導を受ける。同年から脳力開発を大阪脳力開発研究会の日比野勤先生より指導を受ける。1999年東京転勤に伴い、日本護身道協会の遠藤英夫先生より指導を受ける。同年より東京情勢判断学会に参加する。2012年に岡嶋会長より7段を認可され、2015年に会長に就任する。現在、山口県にて護身道の育成及び指導・普及に当たる。


ページトップへ