書籍 ヨガの生理学

価格: ¥1,512 (税込)
[ポイント還元 45ポイント~]
数量:

体感して学ぶ【ヨガの生理学】〜体のしくみと働きからわかるヨガの効果とその理由〜

著者:中村尚人
監修:新倉直樹
判型:四六判
頁数:180頁


ヨガによって起こる、体の中の“生理現象”とは?

それが分かると、ヨガはこんなに効果的になる!!


ヨガが体にいいのには、“理由”があります。「生理学」の観点から、知識を体感的に身に付けましょう。


CONTENTS

序章  感じてみよう
1 鼻づまりを通す方法
2 手を温める方法
3 血圧を一気に上げる方法
4 自律神経の状態を感じてみよう

第1章 感覚〈視覚、平衡感覚、深部感覚〉
1 坐法〟
○パドマーサナ:結跏趺坐 ○シッダーサナ:膝の間に足を入れ込む
2 感覚器
3 五感
○二点識別覚実験
4 外部感覚と内部感覚
○トリコーナーサナ(三角のポーズ) ○プラサリーターコーナーサナ(ぶら下がった開脚のポーズ)
5 平衡感覚
○閉眼足踏み検査 ○ブランマムドラー ○ブリクシャーサナ(木立ちのポーズ) ○アルダマッツェーンドラーサナ(半分のマッチェンドラのポーズ)
コラム「調和こそが目標」

第2章 呼吸〈有酸素運動、腹式呼吸と胸式呼吸〉
1 呼吸
○バールシュヴァコーナーサナ(体側を伸ばすポーズ) ○ヴィーラバッドラーサナⅠ(戦士のポーズ1) ○シャシャンカーサナ(ウサギのポーズ)
2 有酸素運動
○アーサナでの呼吸
コラム「ヨガの流派」
○プラーナヤーマでの呼吸 ○ブラーマリーを体験しましょう
3 腹式呼吸と胸式呼吸

第3章 循環〈心臓と血管〉
1 循環・血管系
○アンジャネーヤーサナ(三日月のポーズ) ○ウールドゥヴァダヌラーサナ(上を向いた弓のポーズ)
2 血圧 コラム「血液が循環しているのが分かったのは実は最近のこと」

第4章 神経〈体性神経と自律神経、交感神経と副交感神経〉
1 神経系・内分泌系
2 促通と学習
3 〝苦〟の消し方
4 内分泌
○ヴィーラバッドラーサナⅡ(戦士のポーズ2) ○セッツバンダーサナ(橋のポーズ) ○パバナムクターサナ(ガス抜きのポーズ) ○ヨガムドラーサナ
コラム「3つのグナ」
5 心身一如
○アンジャネーヤーサナ→ヴィーラバッドラーサナⅢ→アンジャネーヤーサナ ○パスチモーッターナーサナ→ナーヴァーサナ→パスチモーッターナーサナ ○パリガーサナ→ヴァシシュターサナ→パリガーサナ
6 自律神経

第5章 内臓〈主に消化器〉
○ジャラネイティ ○カパラバーティ ○ナーディーショーダナ ○ナウリ ○アルダマッツェーンドラーサナ(半分のマッチェンドラのポーズ) ○セッツバンダーサナ(橋のポーズ) ○マユーラーサナ
コラム「ヨガ療法」



中村尚人(なかむら なおと)

 大学病院リハビリテーション科勤務を経て、急性期病院から介護保険領域まで幅広く経験を積む。
 2008年より、アンダー・ザ・ライト ヨガスクールにて、指導者養成コース「AKIC(ヨガ解剖学講座)」を担当。
2009年、ルイーザ・シアー主宰のYOGARTS(オーストラリア)のティーチャートレーニング(RYT500コース)において、日本人として初めて「YOGA ANATOMY」を担当する。
 ヨガ界最大のイベント「YOGA FEST」に毎年招聘され、安全で効果的なアーサナの指導を伝えている。現在は、医療とボディーワークの融合、予防医学の確立を目指し、日々、患者や生徒と向き合っている。
TAKT EIGHT HP www.takt8.com


おすすめ関連商品

エボリューション ウォーキング

¥5,400(税込)

数量:

商品カテゴリ

  • あんしんクレジットカード決済システム

ページトップへ